AGAと食事の関係

AGAを放置する危険とは

AGAは放置しても治る事はない

成人男性の多くは、思春期を過ぎた頃から生え際や頭頂部を起点に薄毛が目立つようになります。これまでは薄毛が進行すると二度と生えてこないと考えられていたので、そのまま禿げるしかありませんでした。けれども、最近では「AGA(男性型脱毛症)」と言う疾患として、病院で治療できるようになりました。

円形脱毛症など一部を除いて、薄毛の原因はこのAGAによるものであり、実に成人男性の3人に1人が発症すると言われています。残念ながら放置すると薄毛は進行し、決して改善することはありません。わずか5年の間に毛髪量は1/3まで減ってしまうのです。

けれども、AGAでは髪の毛を作る「毛包」がまだ残っているので、薄毛の要因を取り除いて適切な治療を行えば、再び髪の毛が生えてくる可能性はあります。こうした>AGAの改善情報はインターネット上でも数多く紹介されています。まずは薄毛に気づいた時点で専門のクリニックを受診し、頭皮チェックを行って原因をはっきりさせた方が良いでしょう。

AGAになるのは男性ホルモンの影響や遺伝、血行不良や栄養不足、皮脂の過剰分泌などさまざまです。原因によっては投薬治療をしなくても、頭皮のマッサージや食生活の見直しだけで改善する場合もあります。

逆に原因が分からないまま自己流で間違ったケアを続けてしまうと、却って薄毛は進行します。例えば育毛剤の乱用です。合わないまま使っていると頭皮にダメージを与えるだけでなく、お金の無駄にもなるでしょう。こうした事態を避けるためにも、クリニックでAGAの原因を知るのは大切なのです。

健康保険は適用されませんが、初回のカウンセリングは無料で行っているところが多く、その後の検査代を含めても1から3万円ほどでAGAの原因を知ることができます。

Copyright © AGAを放置する危険とは. All rights reserved.