プロペシアとはどんな薬?

プロペシアというのは、男性型脱毛症(AGA)の進行を抑える飲み薬です。

病院でAGA治療が行われる際に処方されることが多いです。

もともとは、前立腺がんや前立腺肥大の治療で使われていたのですが、その副作用で異常発毛が見られたことで、発毛剤として使えないかと見直されたのです。

日本では、2005年10月に輸入承認を厚生労働省から取得して12月からAGA治療薬として発売されました。

まだ日本では歴史が浅い薬といえるでしょう。

プロペシアは、保険適用ではありませんので全額自己負担となります。

ですから薄毛の治療にはお金がかかってしまいますがある程度の効果が期待できるのでプロペシアを使う人が増えているようです。

プロペシアは、痛み止めのように、すぐに効果が出てくるものではありません。

しばらく飲み続けないと効果が出ませんので気長に続けることが大切です。

薄毛、AGAの治療で使われる薬に、ミノキシジルというのもあります。

現在、発毛のための薬は、プロペシアとミノキシジルの二つだけで、病院ではこれらを使って治療をしていきます。

ミノキシジルは主に頭皮に塗布するタイプで、プロペシアは飲み薬となっています。

頭皮の状態によって、ミノキシジルかプロペシアどちらか一方だけで良いか、両方併用するか医師が決めることになります。

相談できる病院を探すなら:http://www.eastcl.com/curative/aga/propecia.html

薬は、両方を併用することで良い効果がみられると考えられていて、その方向で進められるケースが多いようです。